ファンガソープEXで水虫・いんきんたむし・カンジダ症を対策・改善しよう

いんきんたむしの症状と治療法

男性であっても女性であっても年齢や性別に関係なく感染する可能性があるのが白癬菌ですね。白癬菌は水虫の原因となるカビの一種ですが、これは感染する箇所によって呼び名が変わっていきます。

特に水虫の方は、体の他の部分にうつさないように注意する必要があります。白癬菌は高温多湿な場所を好みますので、足の指はもちろんですが、股部でも感染しやすいものです。股部で感染するといんきんたむしと呼ばれますが、いんきんたむしはご存知な方も多いかと思います。

いんきんたむしは初期の段階だと小さな赤いポツポツ(水疱)が症状として現れます。それが徐々に円を描くように増え広がり、痒みと痛みをもたらします。痒みや痛みといった症状は、体温が上がることで酷くなりますので、患部を冷やすと少し楽になるといえそうです。

しかし、そのまま放っておいても治りませんし、股付近から尾てい骨の方まで水疱が広がり、痒みや痛みといった症状がどんどんひどくなるだけですから、早めに治療を開始するのが良いと思われます。いんきんたむしの場合は、水虫よりも治しやすいと言われてますから、早く治療を始めれば、それだけ早く辛い症状から解放されます。

いんきんたむしの治療は、水虫と同じ抗真菌薬を使用するのですが、市販薬でも治すことが可能です。ただし、症状の度合や進行具合によっては、市販薬では効果がない場合もありますし、いんきんたむしと似たような症状の出る別の皮膚疾患かもしれませんので、一度きちんと病院へ行って検査を受けるのがお勧めです。

コラムスペース

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る